ちぎれたカブトムシ~過酷な自然(動画)

だれかのイタズラではありません。

初めて見たときはビックリしました。

Halu農法の研究の途中、竹や木材チップを発酵させたものを使って失敗したので、チップは畑の一角に放置していました。

ると、カブトムシの産卵場所になっていたようです。ところが、畑に行くと、チップの山の表面に、身体がちぎれたカブトムシを大量に発見。

推測ですが、たぶん孵化したばかりの柔らかい身体の部分を、カラスに食べられたのではないか、と思われます。自然の過酷な一面を見ることになりました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です