自然農法を本気で、楽しく身につける新企画

いよいよ、実践的な自然農法習得を目指す企画がスタートしました。企画の名称は「シェア農場で本格的な自家菜園を目指す! Halu農法協働オーナーズクラブ」です。提携農場のあゆみやファーム(歩屋元気復活農場)が中心になり、「農作業は初めて」という人でも参加できる、これまでにない形式の事業です。

この企画は広く一般公募はしていません。ただ、Halu農法に関心のある方のお問い合わせに応じて資料をお送りしたり、直接ご説明したりして、希望者の参加をお誘いしています。すでに募集は始まっており、2020年2月に第一期がスタートします。

このたび、事業の趣旨をご理解いただくために、企画の募集案内の一部を公開します。今を生きる私たちの世代にとどまらず、遠い未来の子孫の生活も見据えた内容になっています。ぜひご一読いただきたく、公開するものです。

もし企画についてもう少し深く知りたい、という希望があれば、問い合わせフォームからその趣旨をご連絡ください。別途資料をお送りいたします。また、基礎講座にご参加された方には、企画についてのご紹介もさせていただきます。

本企画の応募者は募集定員枠を超えて、すでに事業がスタートしています。募集案内の趣旨をご紹介するため、本ページの掲載を続けます。(2020年3月現在)

募集案内(抜粋)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. 大井川裕代 より:

    茨城県で森とアロマとやぎの学校でアロマ自然塾を始動しました。誰もが自給自足が出来るような生活文化が必須だと実感しています。理論と知識がないと継続に繋がらないのでここをポイントにスキルを身につけたいー同時に若い人たちが興味待つようなしくみと放棄地の軽減になるような動きをしたい。
    ハーブ関連は自然農法の対象になりますか。

    • コメントありがとうございます。自然塾始動、おめでとうございます。ハーブ関連、とても素晴らしい取り組みだと思います。ハーブを含め、薬草の栽培は、自然農法のもっとも得意な分野になると思われます。楽しみですね。

株式会社歩屋 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です