保護中: オンラインサロン会員専用ページ

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. キラリン より:

    横内さん

    こんにちは。
    プランターで、何か始めたいと思っています。
    この時期から始めるには、
    何かオススメはありますか?

    • キラリンさん、ご質問ありがとうございます。
      この時期ですと、そら豆、エンドウ豆(サヤエンドウ)はいかがでしょうか。
      来年の春に収穫する野菜たちです。
      ただ、黒土から始めたばかりですと、実はあまりできない可能性もありますが、まずは何か育てないことには始まりません。
      ほかには、ホームセンターで冬野菜(白菜やキャベツなど)の苗を購入するのもありですが、大きく育つことはないので、少し育った葉っぱをサラダで食べる、という育て方も考えられます。

  2. 松井啓喜 より:

     初めてコメントさせていただきます。沖縄県在住の松井と申します。今回は、新規就農についてアドバイス等頂けたらと思いコメントしました。
     私は、現在自宅近くに近所の方から30坪ほどの畑を借り、自然農法を実践しています。借りて約9か月になり、豆類(そら豆、インゲン豆)が育つようになりました。まだまだ試行錯誤の段階ですが、農業は生涯をかけて取り組んでもよいと思っています。その間様々な書籍や講演等で農業、自然療法、環境、食糧、医療の問題等勉強していく中でやはり自給生活を送ることが最も自然の摂理に沿った生き方だと思うようになりました。
     現在、農地、助成金、営農計画書等について調べ少しづつ動き出している段階です。横内さんの就農時の経験談や就農までの具体的な準備等アドバイスいただければありがたいです。

    • 松井啓喜様
      お問い合わせありがとうございます。自給自足を目指す方向性は、とても共感いたします。一口に就農といっても、私の場合は研究がメインでしたので、あまり参考になる情報はお届けできないかもしれません。
       
      就農というテーマで、もっとも初めに動くのは、どういった形で生活を維持していきたいかを決め、県の農業事務所にいる指導員さんに相談するのが第一歩だと思います。たとえば専業でいくとか、兼業でいくとか、あるいは歩屋のように研究を含めて普及事業も取り入れていくとか。
       
      そういった自分の未来像をイメージして、次の段階に進むと良いと思います。また、ある程度の資金が必要になりますので、自己資金か、借入で準備するかも計画が必要になるでしょう。どれだけの資金が必要かは、どんなスタイルの農生活をしたいかによって変わってくると思います。
       
      まずは、ここが第一歩だと思います。
      横内

農業技術研究所 歩屋 へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です