カラスとスイカとカブトムシ

感動的な場面に出くわしました。2014年、スイカの量産実験をしていたときのこと。大きくなり始めたスイカが、いくつかカラスにつつかれてしまいました。

ところが、穴の開いたスイカは、色づきが悪く、とても商品にならないようなスイカばかり。それ以降も、甘いスイカは、ひとつも穴をあけられたことがありません。

そして興味深いのが動画の場面です。穴の開いたスイカにカブトムシが群がって汁を吸っているのです。

カラスは、カブトムシが羽化したばかりの柔らかい身体を食べたりしますが、決して全滅させることはありません。それどころか、カブトムシの食糧を、こうやって供給しているではありませんか。

自然の懐の深さと、カラスの頭の良さを肌で感じる一幕でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です