自然農法ノート(改訂版)

研究レポートを頒布

自然農法の理論化・実用化に取り組んできたレポート「自然農法ノート改訂版」(A4版70ページ、PDFデータ)を有料頒布しています。

2011年4月から千葉県柏市の5か所の実験農場(計約15,000㎡)で始めた取り組みや自然農法にかかわる人々の話、また、最新の科学を取り入れた仮説と検証などをテーマごとに書き綴りました(1ページ1テーマ)。

このレポートは、完全な無肥料栽培で大玉スイカや水菜などの栽培に成功したことを踏まえて2014年にまとめたもので、その後、特許出願しました。この理論をのちにハル(Halu)農法と名付けました。2016年からは拠点を千葉県我孫子市に移し、2021年までに技術の大幅な向上が見られました。これらの経緯をまとめた増補章を加え、改訂版としました。

野菜や果物づくりにこれからチャレンジしようと思う方のために、必要な知識や、数多くの失敗談も書きました。

自然農法の理論はまだ確立されておらず、このレポートが日本では(世界でも)初めてのものだと思われます。また、理論といっても、いまだに仮説であることには違いありません。しかし、その後も検証は続いており、この仮説を裏付けるように農作物ができています。

この機会にぜひご購読いただき、自然農法を楽しんでいただければと思います。

歩屋代表 横内 猛

このレポートを読むとどうなるのか?
  • 現代農業の基本である肥料栽培の仕組みや問題点が理解できるようになる。
  • 肥料を使わずに農作物ができることを信じられるようになる。
  • 自分でも無肥料栽培を試してみたくなる。

今まで読まれた方から以上のような感想をいただいています。

自然農法、なかでも完全な無肥料栽培の技術であるHalu農法は、異常気象や世界経済の混乱によってもたらされる困難な時代に必要不可欠な存在になるでしょう。

読後の感想をご紹介します。

 

千葉県睦沢町 T.Ⅰさん(男性)

自然農法ノート、読破いたしました。ありがとうございました。
もともと学生の頃は生物学者を志したこともあり、生物が大好きだったので、”呼吸”などの小難しい部分も含めてとても楽しく読むことができました。

肝はやはり微生物と窒素でしたか。

現在趣味で海水魚およびサンゴの飼育をやっておりまして、かれこれ10年近くなります。

観賞魚飼育でも魚から出る窒素の処理が課題でして、アンモニアをいかにして無害な硝酸態窒素に変えるかが重要になり、一般的にはろ過装置に微生物を住まわせて、浄化しています。また硝酸態窒素も少量なら無害ですが、多量となると有害になるので最終的には水換えをして取り除く必要があります。

しかし、自然の海や川には濾過装置なども無く、水換えも行われないのにも拘らず、豊かな生態系があります。硝酸態窒素が分解される仕組みがあるから豊かな生態系が実現されています。具体的には嫌気性の微生物によって分解されているのですが、水槽内の底砂を厚く敷き、嫌気性微生物の環境も整えつつ、水流を工夫することによって表面には好気性微生物を繁殖させるなどの工夫によって自然のサイクルを水槽内で作り出すことに成功し、現在は無水換えで海水魚とサンゴを飼育しております。

それだけでなく、豊かな生態系を実現することによって水槽内で食物連鎖が生まれ、魚に餌を与えることもほとんどなくなり、無餌給無換水が実現できております。

話は逸れましたが、自然農法でも全く同じことが言えると分かり、改めて地球の素晴らしさ、生命の素晴らしさを実感することができました。
土の中でも水の中でも同じ様に窒素を循環させることが重要なのですね。

ノートを読み終えて、早速現在庭で行なっている有機農法での家庭菜園畑の隣を掘り起こし、自然農法用の耕作を始めました。
我が家の土には石がかなり混ざっているので、まずは石取りからですが……

購読について

『自然農法ノート改訂版』(横内 猛著、A4版70ページ、PDFデータ)
定価 9,990円(消費税込み)
DVD版もしくはダウンロード版のどちらかをお選びいただけます。

フォームにご入力いただき、申し込まれると、代金の振り込み方法などを記載したメールがすぐに自動返信機能によって送られます。もしお手元に届かない場合は、ご入力いただいたアドレスに誤りがあるか、迷惑メールフォルダに入ってしまった可能性があります。
返信メールが届かない場合は、再度お申し込みいただくか、問い合わせフォームからお尋ねください。
代金は、クレジットカード決済、銀行口座振込がご利用いただけます。