Haluサバイバルプロジェクト

2022年5月1日 始動

  
気候変動や世界情勢の急激な変化に対応するため、「本当の自給自足」を目的とするコミュニティの創設を目指します。

このプロジェクトは、肥料・農薬に一切頼らない食料の自給体制を整えるだけでなく、住居、上下水道、エネルギーから教育や福祉にいたる、さまざまな観点からも自立したコミュニティの建設を描いており、その理想の実現に賛同する会員を募集します。

総事業費目標3億円
670万円(5月19日現在)

プロジェクト2本柱

★完全自然農法(Halu農法)の農場拡充(養鶏、稲作チャレンジを含む)
★Halu農園を中心とした自給コミュニティの創設

プロジェクト1 Halu農場拡充~安全な食料の増産体制

★★★歩屋本社農場拡充(千葉県我孫子市)
 ★本社農場の農地拡大(購入)
 ★養鶏チャレンジ(鶏舎建設)
 ★稲作チャレンジ(農地確保及び機材購入)
 ★備蓄庫・倉庫建設
 ★学校開設(セミナーハウス、Cafe建設含む)
 ★農福連携事業(専用農園整備)
 ※総事業費3億円(見込み)

★★★Halu提携農場拡大
 ★提携農場開設にあたり、造成のための農機具貸与など
 ※総事業費500万円(見込み)
 ※提携農場とは

 

プロジェクト2 自給コミュニティ建設~移住に向けて

★★★千葉県鴨川市(第1コミュニティ候補地)の拠点整備
 ★拠点となる物件購入(農地付き古民家)
 ★Halu農園造成
 ★古民家再生(業者委託およびDIY)
 ★研修所建設
 ※総事業費1億円(1地域ごとの見込み)

< 募集形態 >

★★★資金+活動への参加
 ★資金の拠出 1口10万円(1~100口まで)
 ※寄付ではなく、参加費として個別に金銭消費貸借契約(10年間、無利息)を結び、基本的に自動継続します。ただし、契約満了時に契約解除(返済)を自由に選ぶことができます。
 ※1,000万円を超える会費の場合は、別途ご相談ください。

 ★各活動への参加
 ※申し込み時にどの事業に興味があるか、またはどのような分野で参加・協力が可能か申告していただきます。もちろん、資金面のみのご協力でも歓迎いたします。

目標額 3億円
参加費合計 670万円(5月19日現在)

< 参加特典 >

★★★Haluの食材の確保と移住
 ★目に見えない世界・価値観の体験
 ※単なる精神世界のことではなく、「地球のあらゆる生命とつながる」というHaluの世界・価値観を実体験することができます。

 ★完全自然農法による農産物の優先的な購入権
 ※農場の拡大に伴って分配できる農産物も充実します。会員への優先販売、割引販売をいたします。随時ご案内します。

 ★各活動への参加とコミュニティへの移住
 ※拠点となる物件の購入が実現でき次第、拠点整備を進めます。自然災害などの際に緊急避難していただくほか、拠点整備の進行具合によって、順次移住を実行します。
 ※第1コミュニティの候補地以外にも、提携農場でコミュニティづくりを独自に進めているところもあり、そちらへの移住も今後、選択肢に入ってきます。

< 資金の運用方法 >

★★★Halu事業資金管理委員会
 ※拠出金は、本プロジェクト専用の銀行口座にプールされます。また、社内にHalu事業資金管理委員会(第三者委員)を設置します。集まる資金に応じて順次詳細な事業計画を立てていきますが、事業ごとに委員会で計画の妥当性について協議していただき、その結果を踏まえて実行にあたります。委員会は会員に対し、協議結果について会計年度内に1回以上報告します。