提携農場

当社では、提携農場にてHalu農法の技術開発や農作物の生産に取り組んでいます。Halu農法の大型プランター開発など、新たな成果が上がっています。農作物の販売だけでなく、2020年から新たに始まった「Halu農園オーナーズクラブ」の運営などで、学びながら収益を上げるビジネスモデルを提案しています。

本社農場
我孫子本社農場(千葉県我孫子市、露地13,000㎡)

第1提携農場(千葉県大多喜町)
Halu農場大多喜(露地2,000㎡)
経営者:あゆみやファーム 児玉直人

第2提携農場(東京都青梅市)
Halu農場遊悠(露地370㎡)
Halu農園オーナーズクラブ・青梅 (2021年10月オープン)
経営者:金高正喜

★第3提携農場(徳島県那珂町)
名称未定(現在整備中)
経営者:小畠博幸


提携農場は、特許技術の共有および共同研究を行っています。このほか、農地の取得や収穫物の販売支援など、常に連携して事業にあたります。とくに2021年からは、各地域で「Halu農園オーナーズクラブ」の開設をお勧めしています。野菜の販売よりも収益事業として成立しやすいため、学びながら収益を得られるでしょう。

提携農場は随時、募集しています。募集要項をご確認のうえ、下記ボタンからお申し込みください。